*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
Recent Entries [最新記事一覧]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『君が踊る、夏』を観劇感想
10日にようやく『君が踊る、夏』を見に行ったASTです。

まずは『君が踊る、夏』について。
個人的には「5点満点中3点」でした。

まずは映画の演出について。映像は確かに「美しい」。
高知の自然がとてもきれいに映っているのと、カラーが鮮やかで非常にきれいである。
しかし何か「きれい」なのだが、これは本当に高知の景色の「良い」部分をちゃんと見せれているのだろうか?
確かに人物がメインであるからその場合は仕方がないのだが、途中で景色だけ映すシーンがありました。でもそれも申し訳ないけどTVスペシャルで映っているものとあまり変わらない。
たぶん映画であるにもかかわらず、映画なりの構図で撮影しないでダイナミックさにかけることが原因ではないか?と思います。
あとちょっと人物のアップが多すぎ??って感じたことと、音楽がたまに「うるさい?」と思うシーンがありました。

ストーリーは案外ベタ(笑)
実在の子をモデルに作られていることもあるのであまり大胆な演出は不可能でしょうが、それにしてもわかりきった感じで進んでました。ある意味で安心感をもって見れるかな?と思います。
でもこの内容ならTVスペシャルでも良かったかなぁ?と思った部分も多かったです。大きな盛り上がりはないけど、静かに見ていられる映画ではあります。
ただ1箇所だけ突っ込みたいのは司の「俺とお前で纏やき」の有名な台詞のシーンのちょっと前。

いまどきどこのゾクですか?それ?

ってちょっと笑ってしまいました。ありゃないわwww

そして俳優陣。
いやぁ、いつ見ても高島礼子さんはおきれいだ(笑)<まずそこか!
というのはさておき。

なかなか好演だったと思います。主役3人がそれぞれに力を出し切ったような感じでした。
溝端君は悩みを抱えながらも答えを導き出そうとする青年をうまく演じてましたし、木南さんも妹を懸命に支えながらも自分の気持ちを抑えきれずに前に向いて歩みだしていく女性を演じていたと思います。
大森絢音ちゃんは笑顔がかわいかったなぁ。「死んでもいいき、踊りたいねん」にはホロリと涙が出ました。
そしてDAIGOが以外といい演技(笑)だったのには驚きですw
いや、自分のキャラを存分に出し切っていたでの素と見分けがつきませんでしたがww

そして五十嵐君。
小説版を先に読んだのですが「目力のある青年」という通りに非常に目力がありました。
今までの悪い癖だった「上目使いで睨む」という部分がほぼ見えなくて窓越しに3人を見ているシーンなども「睨む」じゃなくて「見つめる」という言葉がぴったりでした。
そして台詞も変に力みが少なくて、非常に聞き取りやすくなっていました。声も上ずることもなかったので非常に安定していましたね。
そういえば今回目いっぱい振られてましたが、たしか設定では17回振られているんですよね?(笑)
それを前提にしながら居酒屋シーンを見るとなかなかに司の気持ちがわかって非常に良かったですね。
そういう風に思って演じてたのかと演技プランが分かって面白かったですね。
いやー、本当に今回の司は「普通の青年」だったと思います。

そして一番の見所の「よさこい」の纏のシーン。

もっと映せぇ~ヽ(`Д´)ノ

と劇場の中心で叫んだ(By.心の中)なのはナイショです。
せっかくあれだけ練習したのだからもっとアップでも映して欲しかったなぁ。遠景で見た踊りのシーンでは腰の落とし方、纏の振り方などですごく「ビタ!」と決まっていて格好いい!!の言葉しか出ませんでした。

あの素敵な「上腕二頭筋」がこれまた格好よくて格好よくて・・・(×60回)

正直かぶりつきたくなるぐらいにおいしそ・・もとい、太いのが踊りのシーンでどれだけ格好良く映ったか!
居酒屋のシーンでは「ちょwwどんだけ太いwwwシャツがパンパン」と思ったのですが、よさこい衣装だとあれでちょうどいい感じ!に見えました。

この映画は結構早くに終了する館が多いので、まだ見ていらっしゃらない方は早めに見に行かれることをおすすめします。DVD化するのかな??そのときは特典映像には出演者の和気藹々としているシーンとか、よさこいメンバーの通しで踊ったシーン等々・・・いろいろと入れてくださることを楽しみにしております。
関連記事
*CommentList

テーマ : 五十嵐隼士
ジャンル : アイドル・芸能

Secret
(非公開コメント受付不可)

本当ですか~(泣)
>ハネジロー様
>>DVD化しないかもーなんて噂を聞いた
工エエェェ(´д`)ェェエエ工工

それはないよー!!(号泣)
まぁ確かのあの騒動のおかげでどうなるかって感じはしますが、それに引っ張られてしまうのは勘弁してほしいですよね。
>>メイキング
ほにやさんのHPで見るメイキングは短いので、もう少し長いものが見たいしもっと大画面で踊りの細かい動きを見たいなーって思います。
>>大技
そうそう!メイキングでしか見れない(映画ではばっさりカット)隼士君の大技を是非とも見たいので東映さんとABCはがんばってくれー!
キュキュ、がんばれーw(関西人にしか分からんネタだw)

>>みちゃ様&ハネジロー様
本当に映画間にあってよかったです。だめだったらマジで泣いているところでした。
>>消化不良
そうですねー。全体的にやはり踊りのシーンはもう少し多くしてほしかったですね。特に今回は「よさこい」が大きなキーになっているのですから、少女が踊るよさこいシーンをもっと多めに撮っても良かったのでは?と思うんですよ。
少し主人公の挫折と立ち直り、大事なことを思い出す・・・その部分に傾きすぎたかも?とも思うんですよね。
この映画の大事な題材ではある「夢をかなえる」という部分を見せるには良かったのかもしれませんが、「難病を乗り越える少女」「よさこい」という部分には足りなかったですね。
>>お母さんと息子さん
本当に親子に見えるぐらい自然な演技でした。
高島さんの「受け」が強くもなく弱くもなく、でもしっかり受けてくださってまさに「母」という感じでした。ありがたかったです。
宮崎さんもとても好演で両方の母親役の女優さんは「さすが!」の演技だったと思っています。
>>失恋
さすが17回失恋した人の顔は違う(って違うw)
あそこは本当に司の気持ちがよく出ていて良かったですよね。しかしまさかさくらちゃんに慰められるとは(笑)
あのシーンが実は一番好きだったりするのはナイショですw

最後の映画の感想の締めとして。
実は違和感に思っていたことがありました。それはこの映画を映画として理由。
小児ガンへの啓蒙活動でもあり、高知の観光招致でもあるのであればTVスペシャルでも良かったと思う。
私は今でもこの映画を「映画」にした理由が分からないです。
TVスペシャルでも十分に良かった。TV画面でも十分に伝わる映像の美しさ、カメラワークだと思います。
まさに私と同じ意見をおっしゃっている方がYhaoo!映画のユーザーレビューに書いていらっしゃる方がいました。
ぜひとも参考にしてください。
Yahoo!映画:君が踊る、夏/ユーザーレビューより
「良い意味でドラマ化推奨映画。」
http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id336482/rid150/p2/s0/c19/

でもね。DVDでメイキングが見たいのは見たいので(笑)
絶対にDVD化してくださいね~!!
こんにちは。

なんか東方○○さんの都合で、DVD化しないかもーなんて噂を聞いたんですけど・・・
でも、普通は契約する時にDVD化まで視野に入れて契約していると思うんですけどねぇ。
ただ、サントラとか発売延期になったまま(ツイッターでスタッフさんは発売すると書いてらっしゃいましたが)だそうだし。
ほにやさんの応援ブログで公開しているメイキングとか綺麗な画面で見てみたいし(メイキングの方が五十嵐くんの大技とか写ってるし!)
細かい所とかじっくり見たいんですけどー!
頼むよー東映&ABC!
こんばんは

「夏君」まいにあって、ほんとに良かったですね

感想は・・・・

悪い人がどこにも出って来ない映画だなと
それぞれが不器用だけど思いやっている気持ちが
伝わってきたような気がしました。

私は新平のお父さんとお母さんがとても素敵だな
と思いました。

高島さんとラシの親子ケンカのシーンは好きです。
普通の親子ケンカが新鮮でした。
普通の男の子がなかったから・・・


残念なのは踊りのシーンです。
もっと見たい!
司を見たい!!と映画を見ながら心の中で叫んでました。
特典映像では司メインの踊りも入れてくれたら嬉しいな・・・無理ですね・・・

車列のところは私も?でした。
映画のイメージとちょっと違うでしょw







こんばんは。

・・・て、いくつコメントしてんじゃい(爆)

「君夏」鑑賞、間に合ってよかったですね(もみじの天ぷらには間に合いませんでしたが・・・)
その他の劇場も、予定どうりの終了みたいですねぇ。

この映画を観たときの感想は・・・

高島さんとホンマもんの親子に見えたw
もう少しラシの踊り映してくれてもええやん!

の二つでした(苦笑)
顔の系統が似てるんですかね?親子役に抜擢した人見る目あるわー!
今まで親御さんを演じられた役者さん方のなかで一番親子っぽかった(笑)普通のお兄ちゃんと言うのもあるかもしれませんが(普通じゃない役が多いもんなぁ・苦笑)

よさこいのシーンは、ちょっと消化不良気味。
もう少しだけでいいから、2人で並んで纏を振っているシーンを出して欲しかったなー。一人だけ大写しにしても「オレとお前で纏いやき」のセリフが生きてこないと思うんですけどねぇ。

あの有名なCMのも使われたセリフのシーンw
私も思いましたよ「何で車列で来るねん」てね(笑)

思い出したのでちょこっと追加w(笑)

エンディングのテロップと一緒に流れた、監督に直訴して増やしてもらったという(雑誌で読んだ記憶があるんですけど)
失恋確定のシーン(おい)いい表情してた!嬉しいと悲しい気持ちの合い混ざった哀愁漂う苦い笑顔だったなぁ。司の気持ちが一番よく出てたかも。
この作品の中で一番印象に残っている表情かもしれない←なのに何で書くの忘れてんねん(爆)
カウンター

 
プロフィール

AST

Author:AST
生息地:関西のIT業界の端っこに潜伏。
主成分:円谷特撮30%、ハムスター20%、人形15%、阪神15%、アニメ&漫画15%、時計5%、普通の人生0%

座右の銘は『”ウルトラ5つの誓い”をいつも心に』。
ハムスターを日々愛でながら特撮、マンガ、アニメ、人形、時計で「ヲタ」の道を突っ走る。阪神タイガースは人生の一部。
M78星雲光の国の「赤と銀の超人=ウルトラマン」シリーズ”愛”。円谷絶賛リスペクト。タロウ、80、メビウス特に応援中。

ブログの傾向:俳優集団D-BOYS&D☆DATEの”五十嵐隼士”君を全力で応援。当ブログで出演情報、TV、映画、舞台、イベント等の感想を更新中。

→この人もっと詳しくはこっち


Twitter
ブログ管理人のつぶやき、なう。
アメーバピグ
[ピグやってます]

カテゴリー
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
リンク
track feed Trackfeed
年別アーカイブ一覧
メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
カレンダー

全記事表示



五十嵐隼士君Profile
IG_icon ★誕生日:1986年8月7日(しし座)
★血液型:O型
★身長/体重:176cm/60kg
★靴のサイズ:27.0cm
★通称:ラッシー、ラシ、IG、隼さん、隼士
★出身地:長野県北佐久郡軽井沢町
★略歴:元若手俳優集団D-BOYSのメンバー、第1回オーデション準グランプリ。2010年~2013年ユニット「D☆DATE」に参加。2013年11月30日をもって芸能界引退。
★代表作:「ウルトラマンメビウス(2006)」「花ざかりの君たちへ-イケメン♂パラダイス-(2007)」「ROOKIES(2008)」「任侠ヘルパー(2009)」「泣かないと決めた日(2010)」「パラダイス・キス(2011)」「聯合艦隊司令長官 山本五十六(2011)」「Answer ~警視庁検証捜査官(2012)」「D×TOWNシリーズ:スパイダーズなう(2012)」「そこをなんとか(2012)」等
★ラジオ:「和田正人と五十嵐隼士のオールナイトニッポン0(ZERO)※2013/03/25終了」「D-RADIO BOYS SUPER featuring D☆DATE」
★元ワタナベエンターテインメント所属
アメブロはこちら
五十嵐隼士君出演情報
D-BOYS(D☆DATE)の五十嵐隼士君の出演情報です。
番組出演、雑誌掲載等々のまとめです。

■□2013/11/19現在■□
※注意※
詳細情報は長くなるので折りたたんでいます。
下記”OPEN”をクリックしてください。↓
日々の未来なScedule
D-BOYS(D☆DATE)の五十嵐隼士君の掲載されている雑誌、出演番組、イベントの週間スケジュールです。通称:イガカレ
D☆DATE 関連情報
[公式ブログ] 旧ブログはこちら
[関連動画]
developed by 遊ぶブログ
クリックで再生します
サムネイル20個まで表示

出演関連商品情報
Amazon内の五十嵐隼士君出演・掲載関連商品情報
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アイドル・芸能
1225位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
俳優
109位
アクセスランキングを見る>>

人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
Add to iGoogle
Translation(自動翻訳)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。