*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
Recent Entries [最新記事一覧]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
招き猫のお話。
先日大団円を迎えた侍戦隊シンケンジャー。小さいお友達どこへやら?といわんばかりの怒涛の展開から畳み掛けるような最終回を迎えて好評のうちに終了しました。
#そして案の定、ここにきて最初から見直している私がおりますがww
##ただいま相方を洗脳中www

そんな私が好きな話のひとつに第二十七幕 「入替人生」があります。
ぶっちゃけ、猫殿やら小便小僧やら寿司やらwwが面白かったというのがあるのですが。

さて、私の趣味的なところからたまたま行き着いた話。
少し「招き猫」の由来を探していたらあることにぶち当たりました。

ちょっと長いお話になっちゃうし、興味のない方も多いと思うので詳細は「続き」から。

【今日のおみくじ】
中吉で中川君。真倉刑事はこれからどういう位置づけになるのかな?

【五十嵐君情報】
3/24(水)『VISUALBOY BRUSH』表紙が五十嵐君、荒木君、碓井君だそうです。
(M様、いつもありがとうございます!)
シンケンジャーに出てくる「薄皮太夫」。この「太夫」という名称は江戸時代の遊女の最高位の人に与えられた「呼称」ですね。

ちなみに「太夫」という呼称は京都の島原・大阪の新町で言われていた言葉で、江戸の吉原では当初は使われたいたものの、「花魁」という言葉が出てきてからはそちらに変遷していったという記録があります。
なので「太夫」と「花魁」は同じ意味の「最高位の遊女の呼称」であるということです。
#ちなみに三名妓は「島原の吉野太夫」「新町の夕霧太夫」「吉原の高尾太夫」です。
##皆様、今でもお祭りされていたり小唄になっていたりします

で、話は戻って薄皮太夫。人間だった頃は「薄雪太夫」と名乗っていました。
もちろん、そんな名前の太夫は記録に残っていませんが似たようなお名前の花魁がいらっしゃいます。
その名も「薄雲太夫」。高尾太夫と並ぶ名妓として名高い吉原の花魁で、当時吉原に3人しかいなかった「太夫」を名乗ったお一人です。
この薄雲太夫、非常に美人だったそうですが何より有名になのは「大の猫好きだったこと。
特にかわいがっていたのが「玉」という名の三毛猫で、緋縮緬の首玉に金の鈴をつけ、どこに行くにも一緒だったとか。花魁道中まで一緒だったそうです。
ところが「猫に魅入られた」と噂される程になった上にさらにある日、厠(トイレ、一説にはお風呂という話もある)にまで付いて行き、しかも入ろうとする太夫の裾を加えたまま放そうとしない猫を見かねた楼主(花魁の所属する妓楼の主)が首をはねてしまいました。

しかし、飛ばされた猫の首は薄雲太夫を狙っていた大蛇を一気に仕留めたのです。
なお主人を護った猫の死に薄雲太夫の嘆きはそれは深かったそうで、涙が枯れることがなかったそうです。
そして薄雲太夫達は忠義な猫を悼み江戸の「西方寺」に猫塚を建てて祀ったそうです。

後に薄雲太夫贔屓の豪商は、長崎から取り寄せた伽羅の木でその猫を刻み贈ったそうです。
この猫を真似たものが浅草の歳の市で売り出され、「招き猫」となったとか。

現在、西方寺の猫塚は関東大震災で焼失。寺も移動して、現在では猫の像が残るのみだそうです。
ちなみに薄雲太夫はその後の人生が少しだけ江戸時代の物語などで書かれています。

『小唄 薄雲太夫』
お江戸吉原夜咲く花の くらべ越しなる道中は
薄雲太夫の伊達好み 素見ぞめきのその中を
京町の猫通いけり 揚屋町首に緋鹿の子銀の鈴
ウンヤンレ金の鈴

ここにも猫が出てきたw
伊達家3代目の伊達綱宗が高尾太夫を身請けしようとしたが、手痛く振られます(この
ときの話は『伊達騒動』とあわせて読むと面白いです)。
そこで薄雲太夫を変わりに身請けした、と言われています。もしこれが本当だったのならモデルになったかもしれない薄雲太夫は薄皮太夫よりも少しだけ、幸せな人生だったのではないか?と思いますね。
#ほぼ9割江戸時代の創作話なのが惜しいなぁ。

第四十八幕のドウコクと太夫の絡み。
私には「(-ω-;)ウーン・・・・日曜朝にこれやって、小さいお友達ついてこれんのかいw」と突っ込みどころ満載ではありましたが、実は大好きなシチュエーションなんですw
ドウコク、男だなぁ。マジ格好いいなぁーって思いましたね。
太夫はあんなに良い男(外道衆だけどww)が何百年も傍にいたのに気がつかず、あんな三味線男(苦笑)にずっと縛られてたのはもったいなかったですよね(´・ω・`)
まぁ、外道に落ちなきゃ会えなかったのですが。最後は彼女もあれで幸せになったのかな?
#個人的にはドウコクはずっと太夫に「片恋」していたのだと思っています。

三途の川に投げられた花嫁衣裳、本当にせつないです。
あれはジーン・・・ときてしまいました。その後のシタリさんの突っ込みで朝っぱらから涙腺決壊したのはナイショw

あとご注意。
招き猫の由来はもっと沢山諸説があるので、この「吉原遊女起源説」は諸説の中のひとつと思ってください(一番有名な諸説ということでもありません、むしろ疑問視の方が多い)。
あと伊達騒動に絡んだお話も、「創作話」と言われておりますのでこれもご注意ください。
昔の方たちの想像力というのはとってもすごいですよね。機会があればこういう古典本も読んでみたいところです。
関連記事
*CommentList

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

Secret
(非公開コメント受付不可)

コメントありがとうございました。
>ハネジロー様
そうだ!三味線は猫の・・・ゲフンゲフン。
ちなみに最高品は三毛だそうですよ。
>>銀幕BANG!!
良かったですよねー??本当にあれは良かった!
走輔が志葉家に着てからのめんどくさそうな殿も良かったけど、途中の川から上がってきたあの二人の会話、レッド対レッドのシーン・・・
この映画は見所満載で最高ですよね。
まさにお祭映画にふさわしい出来でした♪
私は限定版を予約しているので(konozamaはもういやん(笑))届くまで密かに待ち、です。
>>ダンス
そりゃー、流さんはあれが特技ですからレベルが違うとしても全員すっごく良かったと思うんですよね。殿のマネージャーさんブログを読むとすっごく練習したって(自主居残りもしたそうです)書いてあったので、その苦労がw
ところで殿様の中の人、ミライ君(五十嵐君にあらず)に匹敵する天然っぷりに爆笑しております。マネさんの暴露愛が止まらないwww
さすがにこの事務所もミキ社長の妹さんが社長なだけあって、すごくアットホームな感じはします。
が、公式の出来はこっちの方が良いんですよね・・あれだけは何とかして欲しいです。
>>ピローケース
小さいときに仮面ライダーのものをしていた、そんな記憶が私もありますw
GUYSマークなら買いますが、さすがにこれはなぁ・・・って所ですw

>みんこ様
ようこそお越しくださいました、いつもありがとうございます。
>>西方寺
なんと!こんな偶然もあるんですね。
猫の銅像がちょこんとあるのですね。なんだかすごく大事にされているんだなーって感動しました。
猫、大事にしてくれた人の気配が残っているのでしょうかね?安心できるから猫集会が出来るのでしょうね・・・考えたら素敵ですね。
もう、本当に趣味のことでちょっと書いてみただけなのですが思わぬところでとっても素敵なお話がこちらもお聞きできてすごく幸せです。
ありがとうございました!
リンク、こちらこそこんな記事でよろしいでしょうか?本当に恐縮です(^^;
どうぞよろしくお願いいたします。
こんばんは!
こちらでは、はじめまして!

物凄い偶然にびっくりしてます。

今日、巣鴨のお寺に用事がありまして
調べてみましたら、西方寺がそこからすぐ
でしたので、足を延ばして行って参りました。

高尾太夫のお墓の横に、ちょこんと
座っておりました。

そして西方寺、なぜか猫が境内に
いっぱいいました。なんだか不思議な空間~

あの辺りは、お寺が沢山あるのでこちらに来て
いなければ気がつきませんでした。

ありがとうございます!

もし宜しければ、こちらの記事を自分のブログに
リンクしても宜しいでしょうか?
こんにちはー!

招き猫と太夫・・・薄皮太夫の持ってる三味はアレですが(爆)三味も猫と関係ありですなぁ・・・
シンケンジャーと言えば今日からレンタルになったんで借りてきました。
「侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー銀幕BANG!!」
劇場には行けなかったのでやっと観れました!
面白かったなー!お祭作品の醍醐味たっぷりw
噂には訊いてましたが、エンディングの踊る殿が新鮮!ことはちゃんはさすがアイドルな踊りっぷり。流さんは言わずもがな。他の皆さんも、なかなかお上手でw

Dボ公式に載ってたんですが「ピローケース」発売らしいですねぇ・・・
アレを見て子供の頃のキャラクターモノ(ウルトラとか)の枕カバーを思い出だしました(笑)
カウンター

 
プロフィール

AST

Author:AST
生息地:関西のIT業界の端っこに潜伏。
主成分:円谷特撮30%、ハムスター20%、人形15%、阪神15%、アニメ&漫画15%、時計5%、普通の人生0%

座右の銘は『”ウルトラ5つの誓い”をいつも心に』。
ハムスターを日々愛でながら特撮、マンガ、アニメ、人形、時計で「ヲタ」の道を突っ走る。阪神タイガースは人生の一部。
M78星雲光の国の「赤と銀の超人=ウルトラマン」シリーズ”愛”。円谷絶賛リスペクト。タロウ、80、メビウス特に応援中。

ブログの傾向:俳優集団D-BOYS&D☆DATEの”五十嵐隼士”君を全力で応援。当ブログで出演情報、TV、映画、舞台、イベント等の感想を更新中。

→この人もっと詳しくはこっち


Twitter
ブログ管理人のつぶやき、なう。
アメーバピグ
[ピグやってます]

カテゴリー
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
リンク
track feed Trackfeed
年別アーカイブ一覧
メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
カレンダー

全記事表示



五十嵐隼士君Profile
IG_icon ★誕生日:1986年8月7日(しし座)
★血液型:O型
★身長/体重:176cm/60kg
★靴のサイズ:27.0cm
★通称:ラッシー、ラシ、IG、隼さん、隼士
★出身地:長野県北佐久郡軽井沢町
★略歴:元若手俳優集団D-BOYSのメンバー、第1回オーデション準グランプリ。2010年~2013年ユニット「D☆DATE」に参加。2013年11月30日をもって芸能界引退。
★代表作:「ウルトラマンメビウス(2006)」「花ざかりの君たちへ-イケメン♂パラダイス-(2007)」「ROOKIES(2008)」「任侠ヘルパー(2009)」「泣かないと決めた日(2010)」「パラダイス・キス(2011)」「聯合艦隊司令長官 山本五十六(2011)」「Answer ~警視庁検証捜査官(2012)」「D×TOWNシリーズ:スパイダーズなう(2012)」「そこをなんとか(2012)」等
★ラジオ:「和田正人と五十嵐隼士のオールナイトニッポン0(ZERO)※2013/03/25終了」「D-RADIO BOYS SUPER featuring D☆DATE」
★元ワタナベエンターテインメント所属
アメブロはこちら
五十嵐隼士君出演情報
D-BOYS(D☆DATE)の五十嵐隼士君の出演情報です。
番組出演、雑誌掲載等々のまとめです。

■□2013/11/19現在■□
※注意※
詳細情報は長くなるので折りたたんでいます。
下記”OPEN”をクリックしてください。↓
日々の未来なScedule
D-BOYS(D☆DATE)の五十嵐隼士君の掲載されている雑誌、出演番組、イベントの週間スケジュールです。通称:イガカレ
D☆DATE 関連情報
[公式ブログ] 旧ブログはこちら
[関連動画]
developed by 遊ぶブログ
クリックで再生します
サムネイル20個まで表示

出演関連商品情報
Amazon内の五十嵐隼士君出演・掲載関連商品情報
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アイドル・芸能
1422位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
俳優
125位
アクセスランキングを見る>>

人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
Add to iGoogle
Translation(自動翻訳)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。