*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
Recent Entries [最新記事一覧]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
D-BOYS STAGE 9th 「検察側の証人」観劇レポ Part.1
惰眠をむさぼりたいASTです。
休日出勤の振替休暇をせっかく取ったのに、眠気に負けて久々に昼寝までする体たらく。
やりたいことは山盛り大量にあるにも関わらずどうすんねん?と頭を抱えています。

またまた”大変大変大変×30”お待たせいたしました。
10/22と23の2日間に分けて東京は青山劇場に「検察側の証人」を観劇してきました。レポートを2日分、2回にわたってお伝えしたいと思います。
今回は大阪公演にこともありますので「ネタバレ防止」を心がけたいと思います。

では長くなりますので続きからご覧ください。

【今日のおみくじ】
瀬戸君で大吉!!実は昨日は足立君、おとついは三上君で3連続の大吉。
幸先良いなぁ(^^)

【五十嵐隼士君情報】
(1)ブログ
東京千秋楽を迎えての感想がアップされています。東京はやりきった!って感じなんでしょうか?すごくブログが勢いのある感じです。
このまま大阪公演もがんばってくださいね(^^)

(2)雑誌
ここ数日で販売になった雑誌が複数あります。
★Leaf12月号
元々は京都・滋賀のフリーペーパーですが、近畿圏一帯の本屋やアマゾンでも購入することが可能となっています。
Leaf (リーフ) 2011年 12月号[京都・滋賀のタウン情報誌]Leaf (リーフ) 2011年 12月号[京都・滋賀のタウン情報誌]
(2011/10/25)
株式会社リーフ・パブリケーションズ

商品詳細を見る

内容は見開き1P、舞台の話中心です(^^)
Leaf12月号
★COOL TRANS
見開き2Pとたっぷりの内容です。インタビューは特にありませんが、普段とちょっと違うモデルの五十嵐君を見ることが出来ますよ。個人的に私が好きなページはこちらの左側。
COOL TRANS
やっぱり五十嵐君は帽子が似合います(≧∇≦)b

(3)イベント
「non-no TV セレブパーティー winter 2011」出演決定!!
上記イベントにD☆DATEの出演が決定!当日はミニライブもあるそうです。
場所:ザ・プリンス パークタワー東京 ボールルーム
日時:2011/11/22(火) 19:00~21:00
※応募者・同伴者共に20歳以上の女性限定となります。
※D2もタキシード姿でお出迎えします。お楽しみに!(出演メンバーは未定です)
詳しい参加方法や応募は「non-no12月号」またはnon-noのホームページを見てくださいね。

平日なので地方の方は難しいと思いますが、ぜひともファンの皆様の参加をお願いします。
non-noイベントって結構D☆DATEはアウェー感漂うらしく(前回イベント参加のTo様談)、出来れば参加可能になりそうなD☆DATEファンの皆様の退参加をお願いします。
盛り上げましょう~♪

(4)「夏どこ2011」DVD詳細と発売記念イベント「冬どこ2011」決定!
夏どこ2011のDVD発売を記念して冬どこ2011の開催が決定しました。
詳細は公式サイトに記載がありますが、12/18に池袋サンシャインで開催されます。D☆DATEは残念ながら不参加ですが、D-BOYSのメンバーがいつものように沢山参加します。

そして「夏どこ2011」のDVD詳細も発表になりましたが、アニメイト、TUTAYA、新星堂で予約された方は「店舗別着せ替えジャケット」があります。
店舗別なのでどこの店舗の着せ替えジャケットが気にいるか判りません(笑)
各店舗予約開始しております(リンクはフィールド競技編)。
アニメイト:写真がないのでどんなジャケか判りません
TUTAYA:ジャケット写真がありますが着せ替えはUPされていません。実店舗にて予約となります。
新星堂:2タイトル共に同じ絵柄の特典物だそうです。

どーでもいいけどTUTAYAのジャンルが「お笑い」って…(苦笑)
また初回生産封入特典として16人のトレカのうち1種類が封入されているそうです…ってまたランダム!!!(苦笑)
買ってお目当ての隼士君が出ればベストですが、無理の場合はDVDを何枚も買うのは出来ないのであきらめるって感じですね。どうせなら全員分封入するとかの太っ腹なことは出来ないのか?ポニーキャニオンさん(ため息)
ところで「16人」なんだ、全員じゃないのが残念かな。こういう時だからこそ全員の写真が欲しかったのにな(´・ω・`)

(5)D-BOYS STAGE 9th「検察側の証人」STAFFレプリカTシャツ一般販売
会場限定で受注しているDステ9thのSTAFFレプリカTシャツですが、非常に好評とのことで一般でも受注を受け付けることとなりました。
完全受注なので10/25(火)17:00~11/6(日)23:59までとなります。
仕様はSMLの3種類、予約した方には「稽古場集合写真2Lサイズ1枚」が特典として付くそうです。
Dモバ公式には詳細の画像もUPされています。欲しい方はこの機会にご購入ください。

(6)D-BOYSモバイル特製 オリジナルフォトカードプレゼント中
日ごろのご愛顧に感謝してDモバオリジナルのフォトカードをプレゼントしていただけます。期間限定なので10/13~31の23:59までの間に公式サイトに記載された方法でご応募ください。
なお、2011/09/01-10/31までの間会員だった方のみ応募資格があります。

(7)次回「Dステ」のアンケート実施中
現在twitter上で次回Dステに向けてアンケートを行っています。自分が一番面白かったと思う舞台のタイトルを返信してください。
2011.10.26 16:57 @watanabe_engeki
【アンケート/拡散希望】これまで様々なタイプの作品を上演してきたD-BOYS STAGEですが、今後の上演作品やジャンルの参考のため、あなたが選ぶ【D-BOYS STAGE過去9作品のベスト1】を教えて下さい!理由も添えて @watanabe_engeki までお寄せ下さい。

というわけで上記のリツイート先までレスをお願いします。

【今日のつぶやき】
東京千秋楽を迎えてD☆DATEの活動もまた開始しているようですが、荒木君のブログ&Twitterを見ていると非常に困っている感じ。D☆DATEでこんなに荒木君が困ってる(それも頭をひねる)のは…アルバムとかもしかして作ってる?しかも作詞とかやってる??
なんかドキドキしてます。
4thの動きもありますから(もう曲は決まったのかな?)そろそろアルバムもあり、かな?

アルバム発売と同時に優一君も戻ってきたらいいのになぁ。

【コメント&メールをくださいました皆様へ】
沢山のお心遣いと励ましに感謝いたします。
9-10月と仕事でのっぴきならない状況でくじけそうになってましたが、皆様からのお言葉で踏ん張っている次第です。11月からは正常稼働出来るようにあと少しがんばりますので、気長なお付き合いのほどをよろしくお願いします。



ここからは「検察側の証人」の感想です。
上映時間は2時間20分、休憩なしのノンストップで上演されます。大きく分けて3章に分かれるのかな?と個人的には思っています。
合間合間でそこに至るまでの回想シーンも混ざっていますが、いるかいらないか?と言われると「これはいらないかな?」と思ったシーンもありました。
※しいて言うのならお勝さんと立花のシーン

【全体的な感想】
一言でいえば「おもしろい舞台だった!」です。

最初から笑える箇所が多く、サクサクと内容が進む感じです。
ここは演出と脚本のバランスが見事かと思います。方言で他愛もないことで喧嘩しだす星野と越方で”キャラの対比”や性格の違いを余計な言葉無しで表現してみたり、いざタッグを組めば「実は最強」という部分、2人の絆などを漏れなくあらわしていたのは見事かなと。
また2人をいさめながらもちゃんと「手のひらの上で転がす」実は最強のキャラ・片山もキラリと光ってました。
人のよさそうな立花やその妻との温度差などなど…ちゃんと描けているので後半になっても無理のない展開でストーリーが進みました。
また裁判の進み具合で窓の外が暗くなる、雨が降るなどで”状況演出”するのは見事でした。

途中で若干の中だるみが感じられましたが、裁判のシーンになってまたピリっと引きしまるのであきるということはありません。
また裁判シーンでは荒木君の細かい演技、新太君のちょこちょこした動き、瀬戸&五十嵐&柳下&汰斗君たちの細かい表情と絡みは必見かと思います。自分がメインではないシーンでも気を抜かないでちゃんと「演技」出来ているのは見ごたえがあります。

ゲストメンバーのさすが俳優!女優!という皆様にも支えられ、Dステ的には非常に異色の「舞台らしい舞台」になったのではないかと思います。
惜しむらくは大きな動きのない舞台ですから、青山劇場という大きなハコですべき題材ではないという点ですね。
これは小さいハコで観客との距離感のない場所で見るのがベストかな?と見終わってから思いました。アガサの作品ってそういうのが多いのですよ(苦笑)

時代設定の「昭和10年」ですが、どこかどうなのかは判りにくかったですね。舞台という小さい場所のセットや小物で表現は難しいかと思いますが、せめて大道具ぐらいは最後まで配慮欲しかったかと。
当時の日本はGHQが入る前なので横文字はすべて「右から左」の表記です。ごっちゃ混ぜになって幕に描かれているのは気になりました。
ただ当時の風俗シーンは面白かったですね。音楽も当時流行っている曲をかけたことで”雰囲気”は出たと思います。

裁判のシーンではもう少し難しい「法律用語」があるかと思いましたが全然OKです。普通に新聞かニュースさえ聞いていればスンナリ耳に入ります。小さいお子様には難しいですが、大きなお友達であれば(爆)OKでしょう。

あと原作既読なのでオチはどうするのか?と考えていましたがそうきたか!と。
いや、ちゃんと原作と同じオチはオチなんですがそこで終わったらダメじゃないの?と思ってましたがきちんとこの舞台らしく収めてくださったので非常にスッキリとした気分で見終われます。

これやっぱりDVD化しないのは残念ですね。

【1回目】10/22 13:00~15:20
座席は1階G列30番、通路に面した席で舞台向かって少し右側でした。
招待席に中川君を発見、Dボ卒業以来久々で「うわー!」とちょっと感動してました。
前の方には関係者の方がいるようで、ミキ社長が上演前に挨拶に来ていらっしゃいました。

すでに上演も最後の時期なので全体的に”安定しているな”と感じました。
少々Dボメンバーのうち、新太君と柳下君が声がきつそうに感じましたが他のメンバーはしっかりとしていますね。特に荒木さんの美声半端ないw

お客様も受けるところ、意図して「笑う」箇所でちゃんと笑える皆様でした。舞台と観客が一体化した感じも受けて安心して見れましたね。
上演中は非常に静か、あまり咳をするお客様もいないので良い環境で観ることができました。
あと以外にも男性が非常に多かったこと。それも今までのDステには見られないような年代の方がいらっしゃることです。関係者の方でなければ純粋に「アガサ・クリスティ」のファンの方ではないかと思います(日本にも沢山のアガサファンの方は多く、ファンクラブも存在します)。

1回目では誰かが「詰まる」などのハプニング的な部分はなかった(と思いましたので)観客が「あれ?」と思うようなことはありませんでした。
この部分はとてもメンバーが成長したと思います。
Dステのナウロでもその点はまだまだでしたが、1年でグンっと成長したと感じました。

演技としてもプランがそれぞれにちゃんと組み立てられて、自分のものに出来ていると感じました。
それにしても細かい!演技が細かいんです。
表情1つ、手の先までちゃんと「演技」出来ている先輩集4人、それに食いついていく柳下君と汰斗君、まだまだ必死さの見える新太君ですが、ちゃんと相乗効果をもたらしていたと思います。

そんな感じで終了した最後の挨拶。
瀬戸君でした。意外とあっさり目の挨拶で観客の皆様への感謝とあと2回で東京公演が終了ますが最後までがんばりますと力強いものでした。
最後は隼士君が舞台向かって左側で挨拶、瀬戸君が舞台右側袖で折れんばかりの挨拶で終了。

観客の皆様もほーっとしたため息で終了でした。

【2回目】10/22 18:00~19:20
座席は1階G列25番、舞台向かってど真ん中。
1回目と変わらぬ列ですが場所が違うことで全体が見やすくなりました。

今回のお客様も1回目と同じ、とても静かな方ばかりでした。
でも面白いなーと感じたのは1回目と2回目の方では若干「受ける」部分が違うこと。笑いの温度差がシーン別であったことですね。同じ演出、同じ脚本でこうも受け方が違うのは「舞台は生もの」まさにその通りと思いました。

内容はほぼ同じ、でも今回は若干誰かが「噛む」部分がありました。
以前のDステならそこで「あー(汗)」となりましたが、今回はそれをギュッと上から押して「無かった」様な感じに出来る力強さを感じました。
「あれ?今噛んだよね?」と一瞬は感じますが、すぐに舞台に引き戻してもらえる…ということです。これは前には無かったことだと思います。
実力がそこまでぐっと伸びたのだろうな、と感じました。

そして今回も細かいw
裁判シーンは荒木君の見どころなんですが、そこまで1時間は出演出来ない分の鬱憤を晴らすかのように思う存分の演技w
詰まんなさそうな様子、表情、態度。感心しましたね。
それに対抗する瀬戸君のアワアワした状態、お勝さんが出てきたとき「あからさまな様子」の隼士君w
それをいさめる汰斗君、ガックリとうなだれる柳下君。新太君はチョコチョコと動くのがよい。
それぞれにキャラを自分のものとしてそこにアレンジを加えれていると感じれました。

最後のカーテンコールは隼士君。
ところが挨拶の直後、自分の順番(どうやら交互にやっているみたいです)ということをすっかり忘れてて、キョロキョロしながら(そして瀬戸ちゃんに不審そうに見られる…)

「あ、俺かww」

で観客席、メンバー、スタッフ大爆笑。
そこからはさすがMC経験歴の隼士君、ちょっこし詰まりながらも舞台に来て下さった皆様への挨拶、東京公演の感想…とここまで述べるとなぜか平田敦子さん(お勝さん)がクスクス笑ってるww
観客の視線を感じた隼士君が隣を見て
「また笑ってるぅ…(´・ω・`) なんかね、いつもね。俺がしゃべるとこうやって笑うの。なんで?」
と聞いたものだから余計に平田さんが笑う笑うw
隼士君がアセアセしてるもので周りの人も自然と笑うし、こっちも微笑ましくなって観客まで自然と笑い声が上がってました。
最後には東京公演も明日の千秋楽が最後となります。ぜひともご覧くださいで締めくくられました。
やはり隼士君が舞台向かって左側、瀬戸君が舞台右側袖で折れんばかりの挨拶で終了。

なんかカンパニーのメンバーの仲の良さが見える、そんなカーテンコールでした。
残るは千秋楽のみ、楽しみたいと思いました(^^)

それにしてもネタバレなしで語るのってマジで難しい~(苦笑)
3回目とそれぞれメンバーに対する感想はまた次のレポで。


【番外編】
ひとことブログにもUPしていますが、隼士君の聖地「渋谷」にてオススメしてくださった宮崎地鶏のお店「車」さんに5人で行ってきました。
どれもこれもおいしいですが、大阪と東京では値段が違う(苦笑)
もし機会があればぜひともご賞味ください。私個人のオススメは唐揚げかな?
#基本”マヨラー”ですが何かww
関連記事
*CommentList

テーマ : 五十嵐隼士
ジャンル : アイドル・芸能

Secret
(非公開コメント受付不可)

ありがとうございました。
AST様
突然のコメントに丁寧な返信ありがとうございました。
思い切ってコメントして良かったです。

一緒にD☆DATE&D‐BOYSそして五十嵐隼士さんの応援をして行けたらと思いましす。
大阪は私達も4、5、6日と観劇予定です。
あまり気負わずに娘と舞台を楽しみに観劇させて頂きます。
これからも、はむはむ王国にお伺いさせて頂きます、宜しくお願い致します。
(*^o^*)
ありがとうございました。
コメントありがとうございます
>10/30にコメント下さいました M様
初めまして、コメントありがとうございました。
D☆DATEのライブで隼士君のファンになってくださったとか。本当にありがとうございます(^^)
DVDや写真集、TVドラマで出演の度に色んな表情が出てくるので毎回私も楽しみに見ています。今回のパラキスもベラ様でまた新たな魅力を開眼したので、自作の牧野少尉も楽しみなんです。

> 今回、初めて、D‐BOYSの舞台を大阪で観劇させて頂きますので、少々不安でコメントさせて頂きました。
ご質問いただきました件ですが、D☆DATEというよりもD-BOYSファンの皆様は年齢層がとても幅広いのが特徴です。ご年配の方から親子連れさん、お若いかたまで本当に色んな方がいらっしゃいます。
これは「特撮出身者」が多いこと、テニミュなどのミュージカル参加者が多いこと、そして基本的に「俳優集団」としてのファンなので「役者」としての彼らが好きである、ことも関係していると思います。
その点はお気軽に参加して下さったら良いと思います。
そして皆様、基本的にとても礼儀正しくマナーの良い方が多いのも特徴です。観劇中に携帯電話がなるとか、変な声が出るとか(爆)そういうのはほぼ見たことがないです。

> 服装とか?も…
こちらも気軽に参加されて大丈夫です。普段着でゆっくり観劇に来ていただければ大丈夫かと。ご心配ならカーディガンなどのアンサンブルなどでしたら全然大丈夫かと思います。

ファンクラブに関しては舞台を観劇される方皆様がお入りになっているわけではないですよ(^^)
当日入会も出来ますし、後からの参加でも全然大丈夫です。基本的に誰が入っても何か問題のあるFCではないですし、会報が届いたりFC枠の申し込みが出来る、更新時に写真が届く…などの特典があることがメインなのでそんなに気合を入れていただかなくても大丈夫です。

> ライブ以降サイト巡りをさせて頂き、はむはむ様のサイトに巡りあって、ROMしておりましたが、日にちも迫ってきて…
お目に止まって光栄です。こんな細々、しかも好き勝手にやってるブログなのでこんなのでよろしければこれからもまた遊びに来て下さい。私も大阪公演はALLで参加しますので、もしかしたらどこかでお会い出来るかもしれないです。もし見かけてしまって「こいつかも…」と思うような怪しい動作をしていても(爆)
生温かーい目でスルーしてやってくださいw

たぶん間違いなく俳優としてデビューした時から芯の部分はまったくぶれない”男らしい”隼士君なので、まだまだこれからファンになって楽しみなことが満載だと思います。私もずっと応援していこうと思っています。ご一緒に応援していければと思います。どうか今後ともよろしくお願いいたします。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
カウンター

 
プロフィール

AST

Author:AST
生息地:関西のIT業界の端っこに潜伏。
主成分:円谷特撮30%、ハムスター20%、人形15%、阪神15%、アニメ&漫画15%、時計5%、普通の人生0%

座右の銘は『”ウルトラ5つの誓い”をいつも心に』。
ハムスターを日々愛でながら特撮、マンガ、アニメ、人形、時計で「ヲタ」の道を突っ走る。阪神タイガースは人生の一部。
M78星雲光の国の「赤と銀の超人=ウルトラマン」シリーズ”愛”。円谷絶賛リスペクト。タロウ、80、メビウス特に応援中。

ブログの傾向:俳優集団D-BOYS&D☆DATEの”五十嵐隼士”君を全力で応援。当ブログで出演情報、TV、映画、舞台、イベント等の感想を更新中。

→この人もっと詳しくはこっち


Twitter
ブログ管理人のつぶやき、なう。
アメーバピグ
[ピグやってます]

カテゴリー
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
リンク
track feed Trackfeed
年別アーカイブ一覧
メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
カレンダー

全記事表示



五十嵐隼士君Profile
IG_icon ★誕生日:1986年8月7日(しし座)
★血液型:O型
★身長/体重:176cm/60kg
★靴のサイズ:27.0cm
★通称:ラッシー、ラシ、IG、隼さん、隼士
★出身地:長野県北佐久郡軽井沢町
★略歴:元若手俳優集団D-BOYSのメンバー、第1回オーデション準グランプリ。2010年~2013年ユニット「D☆DATE」に参加。2013年11月30日をもって芸能界引退。
★代表作:「ウルトラマンメビウス(2006)」「花ざかりの君たちへ-イケメン♂パラダイス-(2007)」「ROOKIES(2008)」「任侠ヘルパー(2009)」「泣かないと決めた日(2010)」「パラダイス・キス(2011)」「聯合艦隊司令長官 山本五十六(2011)」「Answer ~警視庁検証捜査官(2012)」「D×TOWNシリーズ:スパイダーズなう(2012)」「そこをなんとか(2012)」等
★ラジオ:「和田正人と五十嵐隼士のオールナイトニッポン0(ZERO)※2013/03/25終了」「D-RADIO BOYS SUPER featuring D☆DATE」
★元ワタナベエンターテインメント所属
アメブロはこちら
五十嵐隼士君出演情報
D-BOYS(D☆DATE)の五十嵐隼士君の出演情報です。
番組出演、雑誌掲載等々のまとめです。

■□2013/11/19現在■□
※注意※
詳細情報は長くなるので折りたたんでいます。
下記”OPEN”をクリックしてください。↓
日々の未来なScedule
D-BOYS(D☆DATE)の五十嵐隼士君の掲載されている雑誌、出演番組、イベントの週間スケジュールです。通称:イガカレ
D☆DATE 関連情報
[公式ブログ] 旧ブログはこちら
[関連動画]
developed by 遊ぶブログ
クリックで再生します
サムネイル20個まで表示

出演関連商品情報
Amazon内の五十嵐隼士君出演・掲載関連商品情報
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アイドル・芸能
758位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
俳優
58位
アクセスランキングを見る>>

人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
Add to iGoogle
Translation(自動翻訳)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。