*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
Recent Entries [最新記事一覧]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
遅ればせながらの「仮面ライダーオーズ」の最終回感想
台風接近中で仕事がてんこ盛りで、しかも色んなものが色んな状態で発狂しそうなASTです。
遅ればせながらですが「仮面ライダーオーズ」の最終回の感想を。私がライダーの感想を書くのってマジで珍しいと思うのですが(ライダーは好きなんだけど、沢山の人が他で書いてるから私が書くとなんかこっぱずかしいのです)今回だけは書かせてください(笑)

思いのたけをぶち込んだせいでめっちゃ長文になり果てたので続きに入れることにします。。

実はオーズの最終回を見たのはウルフェスの翌日の東京のホテル。
しかも半分寝ぼけ眼で見たのですが、途中からはもうなにがなんだか…ベッドの上で正座して見てましたよ。最後の最後で感動しすぎて頭が真っ白になっちゃって呆然としている自分にびっくり。仕方がないので帰ってからもう一度チェックしました(苦笑)
2度目となると見るところが違ってきますね。ストーリーとその裏側を想像しながら見てしまいました。そうすると本当にアンクに泣けてしまった…。

私の1年間のオーズに関する話。
1話から結構グイグイ来てました。元々こういう怪人的なものが出てくるのは好きですが、モチーフがエジプトっぽいのがこれまた(笑)
前のWも好きだったので正直「どうかなー?」と思っていましたがそれを覆してくれました。途中で中だるみ的な時もありましたが終盤になればなるほどに番組のテーマが違う方向で見えてきたんです。

本当は最初からそのつもりで作品を作っていたんでしょうけどね。
それを見透かせない作り方がなんとも小林作品らしいというべきなのか。本編のテーマは「欲望」だと思ってましたがそこに「絆」「命」「人のつながり」を持ってくるとは思いませんでした。

欲望とは良いものか、悪いものか。
求めるのは良いことなのか、それとも悪いことなのか。


今回答えははっきりとは出ませんでしたが、「欲望」を求めた結果の2つの結末をしっかりと見せたことは素晴らしい!と某会長のようなセリフを吐いてしまいました。色々な部分を詰め込んだのはありますが、見せるべき場所は最後までぶれかったと思います。まさに「骨太」の作品ではないかと思いますね。

では最終回の感想に関しては続きにて

【今日のおみくじ】
小吉でウヴァさん…じゃないや、山田君。1年間お疲れさまでした。

【五十嵐隼士君情報】
(1)TV出演情報
★9/2 ヒルナンデス!出演します。

なんか番組表にも「イケメン五十嵐隼士の意外な私生活と健康法って何」とあるんですが、それこそ一体なんだよ?と思います(笑)
意外な私生活って…w
そんなに隠しごとする人じゃないのでいったい何が何やら想像もつきません(きっとファンだけかもしれないけどね)。
明日が楽しみですよね。

(2)その他出演情報
今日のTwitterでつぶやいた「大阪で収録」はたぶん「え○ちゃんねる」だと思います。放送日未定ですが9月中にはあるかも?
詳細報告が楽しみですよね。出演は2回目なのですが、今回はどんな話をするのかな?前回は「軽井沢出身のおぼっちゃま」のイメージがついちゃったのですが、今回ははてさて?

(3)浴衣deデート
レコチョクで前に募集のあった「浴衣deデート」を開催したみたいです。
室内で行われたみたいですが、これ本当に前回もそうだけどレポートこないですよねー。どっかでレポ読んでみたいと思うのですが…レコチョクさんは書いてくれないのかな?

【今日のつぶやき】
叫ばせてください。

IGさん、Twitter復活おめでとー!!!!

あれから約1カ月ですもんね。自分の中で区切りでも付けてたのかな?
うれしくて涙出そうになりましたよ、まったくこんなにつぶやきがないとこんなに寂しいとは思わなかった。
これからまたちょくちょくつぶやいてくださいね。



ここからは再び「仮面ライダーオーズ」の最終回の話に戻ります。

「使えるバカ」とうそぶきながらもそこに”愛情”がこもっている映司の為にアンクは手助けに来ます。ここに至るまでのアンクの気持ちを丁寧に描いていた44話からの「3話分」、47話の印象的な森の中のシーンから一気にここでぐーっと昇華した感じがします。

そのあとの3人が手をつなぎ合うところ。ここでもう涙腺がうるうる来ました。ここに来るまでが本当に長かった。
最初の3人の関係を見ていればこの最後の手をつないでいるシーンでジーンときます。そしてアンクが右手と左手で手をつなぐシーンがあるんです。
これってどういう意味なんでしょうね。右手はアンク自身、左手はお兄ちゃんということなのか。
それともグリードのアンクと「命あるもの」としてのアンクという意味なのか。ここは奥が深い部分ではないかと思うんです。

何回か見ているうちにふとこのシーンの意図に気付いた点があります。
最初に3人で手をつないで前を向いているけど、途中で映司もしくはアンクが後ろを向いている。そして最後はまた同じ方向を向いている。
これは1話~48話最終回までの「3人の関係」を表したものだと思いました。
途中で映司とアンクがそれぞれに違う方向を向いたのは、対立してしまったあの頃のことではないかと。「欲望」の方向性が違って一度は違う道を歩もうとした2人、だけどいつだって間には比奈の存在があった。
そして2人は方向が違っても比奈の手を離すことはなかった。比奈を通じて「絆」で繋がっていたから。だから最後の最後でまた同じ方向を向いてもまた繋がっていることができた。

比奈ちゃんって最初は「怪力妹」でどういう位置づけのヒロインなんだ?と思ってましたが…いやいや。こうして書くと比奈ちゃんがいて、映司とアンクがいるんだなって。間違いなく比奈ちゃんは”ヒロイン”にふさわしいですよね。

そして何よりも「手を伸ばせば隣の人に手が届く」という最後の最後で映司が気づく話にここで伏線がくるんですよね。でも比奈ちゃんはその前にクスクシエで知世子さんに言われたこと、お兄ちゃんに諭されたことで”判っていること”だったんですね。

そして最終決戦。恐竜コンポでグリード化しそうになった映司に向かってメダルを投げます。それはすでにひびの入った自身の意識を内包した一番大事なタカメダル。それを受け取った時の映司の顔、倒れるお兄ちゃんを見た後、

「わかってる。お前がやれって言うなら、お前が本当にやりたい事なんだよな。アンク…、行くよ。」

静かな静かな映司の言葉。
2人のここまでの絆を感じました。親友とはちょっと違う、でもお互いを一番判りあってるそんな2人だからこその言葉にしなくても伝わる気持ち。アンク(ロスト)が出てきたとき。すでに映司は「おまえのことなんて大体判る」と言い、そんな映司になんだかんだと言いながらも一番大事なメダルを預けるアンク。そんな前からいつの間にか出来上がってる信頼という絆なのに2人とも(いや3人かな)全然気づいてなかったんですよね。この最終回になるまで。グリードと人間の枠を超えた「つながった手」。

そしてアンクの声で「タカクジャクコンドル!」のタジャドルコンポ。

これずるいよ、ずる過ぎ(爆)
ここで串田ボイスじゃなくてアンクボイス使うとか演出うますぎ。第1回目の涙腺決壊。
アンクと一緒に戦うオーズ。2人が追い詰めたのに暴走グリードのウヴァさん(本当に最後までヘタレっぷりが素敵過ぎましたw山田君お疲れー!)内部へ。
最終決戦場所はそこ。
最後の攻撃でブラックホール化していくDr.真木。Dr.の究極の欲望「終末」はこれでかなったんですね。自身のよき終わりを持って欲望を満たせた真木博士。ちょっとはしょった感じはしましたが、これはありだと思います。

それからグリードのコアメダル。
真木博士に映司のもの含めてウヴァ、カザリ、メズール、ガメル総てがブラックホールに飲み込まれて行きました。
カザリやメズール、ガメルの意識を内包したメダルは前に砕け散ってるし、今回の件で砕けていくシーンがあったので4人の復活+真木博士の復活もなさそう。
だけどアンクのコアだけは砕け散るのではなくて真っ二つに割れただけ。この違いはアンクがより「人間」に近い存在になったことで他のグリードとは違うという意味なのか。
はたまたアンクのひねくれたど根性のおかげで(笑)意地と根性と気合が功をなした結果か。
#意地と根性とひねくれた結果ならいやんw

そして空を落ちていく映司を起こすアンク。別れの時、壊れたメダル。最後のセリフ

「お前が掴む腕は、もう俺じゃないって事だ」

満足した、得だったと彼流の”お礼”のつもりを言いながら相棒を助けて消えていくアンク。2度目の涙腺決壊(苦笑)。
アンクはもう一人の絆の持ち主比奈ちゃんにも別れを告げて、静かに消えて行きました。本当に満足した顔してました。これは死ぬことなのかそれとも消えることなのか。
正直アンクは残ると思っていたので、この扱いにはちょっとびっくりでした。

そして映司の欲望「どこまでも届く手」はこうして手に入るだと納得できる支えてきた仲間の手。
その中に一番最初に伸ばしてくれた手の持ち主アンクはいないけど。
でもそのきっかけをくれたのはアンクだった。そのことに想いをはせる映司。

最後の最後は元の生活に戻るそれぞれ。映司は再び世界の旅へ。
その手にはアンクの割れたメダルが。「いつかきっと……」と呟き、「明日のパンツ」に「ちょっとの小銭」。この戦いで新たに手に入れた「仲間の絆」と「アンクのメダル」を持って映司は歩きはじめる。その後ろをアンクの腕が彼をからかうように追いかけて行く…

アンクさん、幽霊???

ここで私は攻殻機動隊を思い出したんです。
タチコマ、彼らには最後に素子さんが言うように「魂=ゴースト」が出来ましたよね。元々機械の彼ら、でも人を仲間を思う時に出来るその心はいったい何なのか?
「魂=ゴースト」と読んでもさしつかないないと思うんです。
魂が出来ればそれは生きていることになるのか?という攻殻機動隊でもテーマとしてあげられてましたよね。私は生きているといえるのではないか?と考えています。
日本には昔から「つくも神」という考え方があることだし。アンクはもう生きていると言えるのではないか?と思っています。

というか、夢を(それがどんな悪夢でも)見た段階で「魂」を持ってますよw
魂のないものは夢なんか見ないってw


東映の公式を見ると、やっぱり最後の最後までアンクのメダルは映司と比奈の2人でもつか、映司だけに持たせるかで悩んだみたいですね。分けると可哀想だから…で結果的には映司が持つことになったと思いますが、比奈ちゃんと分けて持つでもよかったかも。
ただそうするとアンクは2人の”お守り”になっちゃいますよねww
#それはきっと彼が”ツンツン”でいやがりそうだw
##ただ本心は数少ない”デレ”かもしれないwww

ま、やっぱり映司が2つとももつのが一番しっくりきますけどね。

本当にすごくきれいな終わり方で、最終回の最後の最後が駆け足的になったのは少々残念だけど(キヨちゃん人形はいつ置きに来た…の部分を含めて博士の心の機微とかもう少し見たかったとか)、この話は「映司・アンク・比奈」3人を含めた「人の絆」の話だったのかと思えばこの最終回ですっきりしたと思います。
※キヨちゃんを見て最初プーリップ?と思ったのはナイショ。
※オビツさんなんですね。最後は真木博士の身代りでクスクシエにちゃんと居場所があったのが良かったなぁ

小林さんの脚本って結構大風呂敷広げて最後の最後に尺が足りなくなりすぎてめちゃくちゃ謎が謎のまま残る…っていうのが多かったのが、今回のオーズは少なくて(と個人的には感じました)おまけに思い返せば色々と考えられる部分もあって。
グリードの欲望の部分、最終回が近づくにつれてアンクは「”人間”になりたいんだろうな」と思っていましたがそれを飛び越えて「命が欲しい」だったとは。テーマが深いなぁ、と感じました。
#”人間”になりたかったのはカザリだったのかな?と思っています
#メズールは”愛情”、ガメルは”お母さん”、ロストアンクは”自分”。
#じゃ、ウヴァさんは??最後まで判らなかったけど”力”かなぁ?

近年の作品の中ではとても好きな部類になりました。最終回は個人的には平成ライダーのTOP3に入りました。
まさに”よき終わり”ですよね。

世界観はキバとWが好きですけどね。特にWはウルトラっぽい感じがありますからね、それはサブライターが長谷川圭一さんだからでしょうけど(^^;
作品を貫くテーマ「絆」が好きでした。メビウスも「絆」の話なので私はこのモチーフに弱いのかもしれません。
ひとえにアンクというキャラをここまで育てた三浦君の演技力と新人ながらも映司をブレないで最後まで演じ切った渡辺君の力強さにあると思います。
渡辺君、素でも映司に似てるかも(笑)

オーズへの想いは特撮大好きなズミ兄さんも感動のコメントをブログでアップしています。見ている方向性と感じ方がさすが、特撮ファンだなぁとしみじみ。
今泉の酔狂日記:2011-08-29 オーズ最終回を見て思ふ。

来週からは「宇宙キター!」なフォーゼですね。龍輝君他の活躍に期待!
オーズの皆様、お疲れさまでした。

冬映画でアンク復活希望!!!

【2011/09/06追記】
先日の三浦君のブログでアンク髪型をしている写真がアップされていました。
「もしかして」のタイトル通り…冬映画にアンク復活を期待したいですね。回想シーンだけじゃ、フォーゼの手助けできないじゃんw
しかしオーズは次の映画も出たら史上最高本数の5本になるんじゃない?
関連記事
*CommentList

テーマ : 仮面ライダーオーズ
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付不可)

No title
IG祭りの時のですね(*^ω^*)
アリガトウ(´・ω・)(´_ _)ゴザイマシタ♪
コメントありがとうございます
>彩恋様
初めまして、コメントありがとうございました。
>> どうして隼士くん、ツイッターやってなかったんですか??
少しツイートの方法で見ている方から意見があり、その件でしばらく控えていたようです。
隼士君としてどんな形でツイートするのが良いかと考えがまとまったのでまた再開してくれたのだと思っています。また楽しいツイートがあると良いですね(^^)
質問
どうして隼士くん、ツイッターやってなかったんですか??
カウンター

 
プロフィール

AST

Author:AST
生息地:関西のIT業界の端っこに潜伏。
主成分:円谷特撮30%、ハムスター20%、人形15%、阪神15%、アニメ&漫画15%、時計5%、普通の人生0%

座右の銘は『”ウルトラ5つの誓い”をいつも心に』。
ハムスターを日々愛でながら特撮、マンガ、アニメ、人形、時計で「ヲタ」の道を突っ走る。阪神タイガースは人生の一部。
M78星雲光の国の「赤と銀の超人=ウルトラマン」シリーズ”愛”。円谷絶賛リスペクト。タロウ、80、メビウス特に応援中。

ブログの傾向:俳優集団D-BOYS&D☆DATEの”五十嵐隼士”君を全力で応援。当ブログで出演情報、TV、映画、舞台、イベント等の感想を更新中。

→この人もっと詳しくはこっち


Twitter
ブログ管理人のつぶやき、なう。
アメーバピグ
[ピグやってます]

カテゴリー
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
リンク
track feed Trackfeed
年別アーカイブ一覧
メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
カレンダー

全記事表示



五十嵐隼士君Profile
IG_icon ★誕生日:1986年8月7日(しし座)
★血液型:O型
★身長/体重:176cm/60kg
★靴のサイズ:27.0cm
★通称:ラッシー、ラシ、IG、隼さん、隼士
★出身地:長野県北佐久郡軽井沢町
★略歴:元若手俳優集団D-BOYSのメンバー、第1回オーデション準グランプリ。2010年~2013年ユニット「D☆DATE」に参加。2013年11月30日をもって芸能界引退。
★代表作:「ウルトラマンメビウス(2006)」「花ざかりの君たちへ-イケメン♂パラダイス-(2007)」「ROOKIES(2008)」「任侠ヘルパー(2009)」「泣かないと決めた日(2010)」「パラダイス・キス(2011)」「聯合艦隊司令長官 山本五十六(2011)」「Answer ~警視庁検証捜査官(2012)」「D×TOWNシリーズ:スパイダーズなう(2012)」「そこをなんとか(2012)」等
★ラジオ:「和田正人と五十嵐隼士のオールナイトニッポン0(ZERO)※2013/03/25終了」「D-RADIO BOYS SUPER featuring D☆DATE」
★元ワタナベエンターテインメント所属
アメブロはこちら
五十嵐隼士君出演情報
D-BOYS(D☆DATE)の五十嵐隼士君の出演情報です。
番組出演、雑誌掲載等々のまとめです。

■□2013/11/19現在■□
※注意※
詳細情報は長くなるので折りたたんでいます。
下記”OPEN”をクリックしてください。↓
日々の未来なScedule
D-BOYS(D☆DATE)の五十嵐隼士君の掲載されている雑誌、出演番組、イベントの週間スケジュールです。通称:イガカレ
D☆DATE 関連情報
[公式ブログ] 旧ブログはこちら
[関連動画]
developed by 遊ぶブログ
クリックで再生します
サムネイル20個まで表示

出演関連商品情報
Amazon内の五十嵐隼士君出演・掲載関連商品情報
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アイドル・芸能
1024位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
俳優
93位
アクセスランキングを見る>>

人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
Add to iGoogle
Translation(自動翻訳)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。