*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
Recent Entries [最新記事一覧]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
”神様”今日もありがとう。
今朝、起きるとそこは白地に黒のパンダの世界だったASTです。
2011年1月17日の朝
夜中に降った雪が地面のアスファルトに程よく融けかけて、そこに通勤通学の皆様が踏みしめたおかげでアイスバーンになり、前日の夕方に融けた雪がこれまた水になってそのまま凍って相乗効果で「ツルツル」になる・・という最悪の状態でした(苦笑)
おかげでブーツがツルっといきそうで踏ん張りながら階段を下りたりしたから足が「生まれたての小鹿」さんになってました。

雪といえば思い出すのはスキー場、あとは「ロマンスの神様」ですかね。そういえばそんなものには「ちっとも」縁のなかった私でございます(笑)
というかスキー超初心者の時に野沢温泉に行って散々な目にあってからはスキーが大嫌いに・・・トホホ。
とりあえず中・上級者の方はスキーでさっさと滑りたいのはわかるけど、初級者を連れていっている場合はいきなり初日しょっぱなから訳のわからない状況の人を「とっとと教室に入ってこい」と言う前にリフトに乗せないでください(泣)
降りれなくてまずはそこで泣きそうでしたw
さらに2日目にいきなりケーブルで山の上に連れてって

「1人でがんばって降りてこーい、じゃーねー!!ヾ( ̄◇ ̄)ノ))」

と言って山の上に置いてけぼりにしないように(苦笑)
心細いわ、尻もち程よくしすぎて当面座るのに苦労するわで最悪でござったorz

いやー、大学時代の友人たちスパルタだったなぁヽ(`Д´)ノ

「意地とド根性」で1人で降りてきたら連中まったりコーヒーブレイクして「遅いよぉ~(^^)」と言われたなぁ(´-ω-`)
あの頃にちゃんとスキーインストラクターの資格を持つ方(そういえば五十嵐君も持ってるんですよねー、すごい)に教えてもらってたらもう少し違ったのかなぁ?とか思いますがね、もう遅いやw
そんなおかげで「ロマンスの神様」を聞くと私はあの時の”苦労”を思い出して苦笑いしか出なかったりしますw

今日は程よく寒い関西ですが、先の週末は各地で大変だったようです。
ちょうどセンター試験でたくさんの受験生の皆様方がご苦労なさったと思います。お疲れ様でした。それにしても毎年この時期は雪などで受験だけじゃなくても苦労がありますね。
まだまだ冬はこれからなのでお気をつけてお過ごしください。

さて・・・今日の夜も降らないことを祈ろう。

【今日のおみくじ】
中吉で五十嵐君キタ━(゚∀゚)━!

やっとだ・・・めちゃくちゃ久しぶり。このバージョンで初めてですよ。前のバージョンでも1回も出なかったしなぁ。朝から小鹿の足になった分、出たときは慰められた気分になりました(笑)

【五十嵐隼士君情報】
(1)ブログ

いきなり真夜中に更新が!!いったい何事かと思ったらTVで広瀬香美さんの特集があったんですねー。大好きみたいでテンションがあがりまくっての更新だったようです。
んー、その気持ちめっちゃわかる(笑)
私たちが五十嵐君のブログ更新があったり、情報がアップされると「ヽ(‘ ∇‘ )ノ ワーイ」ってなるのと一緒じゃないかと。

いいじゃないですか!!こういうのドンドンアップしてくれたらなーって思います。
なんか五十嵐君って結構ブログを重く考えすぎてるのかな?
確かに立場が立場なので情報を書くのも結構難しいだろうし、書けないことも多いとは思うけど。もう少し「気楽」に構えてもいいのになって思うこともしばしば。
荒木君や瀬戸君、新太君みたいに「ファンとの交流ツールの1つ」って考えるともっと気さくにアップできるようになるかもね。
毎日の駄文でもいいんですよwそれこそ「鼻かんだ」でもOKかも(違ww)

というわけでまたこんな「テンションあがりまくり!」みたいなブログを期待してますw
まぁ写メ苦手って言ってたから写真はあってもなくてもって感じで。
#もちろん、あったらうれしいのはうれしいけどね。

(2)雑誌
新連載開始です。月刊なので助かるかも(笑)
★毎月24日発売 「月刊TVガイド 創刊号/角川グループパブリッシング」(D☆DATE連載)
※1/24(木)発売よりスタート


【今日のつぶやき】
というわけで今日の私のブログは五十嵐君のブログに沿った内容でした♪
ここからは本当に私なりの1/17についてなのでコッソリ書きます。
なんかやっと文章で”当時のこと”を残しておこうかと思いましたので。本当に独り言なのであまり真剣に読まないでくださいね。




いまから16年前のあの日、ふっと目が覚めた。時計は確か5時42分だったと記憶しています。当日は直行予定で、いつもよりちょっとだけ寝坊できると安心していました。
その日は開発案件プロジェクトの初日でまだまだ新米SEだった私は「これから大変だーorz」と思っていた記憶があります。
それから寝れずに寒くて頭から布団をかぶりなおして2-3回寝返りを打ったところであれは発生しました。
阪神大震災。
くしくもベッド脇の時計は5:46を指してそのまま止まってました(本が落ちてきた衝撃で乾電池が抜けたんです)。
最初は「カタカタ」とクローゼットの手すりが揺れる程度だったのにいきなり「ドーン」と大きな爆発音と衝撃があって、後は何が何だかさっぱり。ただひたすら縦に横に揺れていました(今でもあの「カタカタ」の音と「ドーン」の音は耳に残っています)。
ベッドの位置は本棚のちょうど真下。頭の上に本がすべて落ちたのに布団のおかげでまったく無傷で済みました。
後に判明しましたが「震度6強」地域でした。しかし本当に幸いにも山の中で地盤がしっかりしていたおかげか自宅は一部損壊のみ。

真っ暗闇の中、まだ当時元気だった父が懐中電灯の明かりだけを頼りに助けにきてくれました。父母と同じ部屋で明るくなるまで手元にあったラジオを頼りにただひたすら状況を知ろうと努力しつつ、6時前には震源地が神戸と聞いて友人・後輩・同僚を思って不安になりました。
明るくなって恐る恐る雨戸を開けて窓の外をみて愕然としました。

家の外にある重さが数百キロはある電気給湯器が根元から折れて傾きフェンスにもたれて転倒を免れてました。
風呂場が壊れて水が漏れ、家の柱が南北にたわみ、土壁にひびが入りました(現在も我が家は西側に2cm傾いてます)。
自室の天井にはひびが入りました。もう少し長く揺れが続いたら照明器具が落ちていたと思います。
隣の家の屋根瓦がすべて崩れ落ち、間断なく発生する余震におびえながら電気もなし、ガスもない我が家で(水だけは確保できました)寒さに震えてました。

そんな中、一番真っ先に電話をくれたのが吹田の叔父。
次に大阪の従兄弟と叔母と祖母(みんな同じ家に住んでいました)。
そして函館の懇意にしていた水産店のおじさん。
東京の幼馴染などなど・・・続々と心配して電話をしてきては「よかった」と一安心してくれました。
電気がなくても相手からの電話だけは通じるもんだとこのとき初めて知りました。

しかし宝塚や西宮、神戸に住む友人とは連絡を取る手段もなく。
また会社に連絡もできない。余震の中を近くの公衆電話まで歩いて向かい、当時の上司と先輩に連絡が取れたときはお互いに無事を喜んだものです。
電気が午後に回復し、ようやくTVを見たときは長田の火災を見て愕然としたものです。
幸いに直接の友人・知人・同僚はすべて自宅全壊のものもいたのに全員同居のご家族含めて無傷でした。
長田の火災地域ど真ん中に住んでいた後輩、幸いに自宅が類焼も倒壊もせず3日後に別の後輩から無事だと聞いたときは腰が抜けそうになりました。
1週間連絡の取れなかった西宮で一人暮らしの友人が無事に仕事先に避難していたと知ったとき、電話口でお互いに泣きました。長野の実家に帰らずに西宮でがんばるという友人に「うちに避難して来い!」と母と私の2人がかりで言って困らせました(苦笑)
#お風呂壊れて使えなかったのにねぇ??

本当に悲しい想いをせずに済んだのは今思えば?とは思います。私は幸運だった、といえばそれまでかもしれません。

ただし、幼馴染のおばあちゃんだけが1人亡くなりました。一人暮らしの自宅が倒壊し、下敷きになった圧死でした。

我が家はそれから2ヶ月間、ガスの無い生活が続きました。
そのときも父の取引先の会社の方から「どうか役立ててください」と自社製品のホットプレートを贈呈いただきました。ご好意がとてもありがたく、そのホットプレートは今でも大活躍しております。
また函館のおじさんはダンボールいっぱいの北海道のおいしい食料を送ってくださって「ほかに何か不自由していないか?」と聞いてきてくれました。
あの時も皆様のご好意にただひたすら感謝したことはありません。

いま、16年経って振り返ると。
当時助けに来てくれた父は翌年に、相次いで同居していた祖母、大阪から電話してきてくれた祖母、函館のおじさんも鬼籍に入ってしまいました。
でも吹田の叔父、大阪の叔母と従兄弟たち、友人・後輩・同僚はみんな元気・元気です。

また神戸地域担当のSEとして当時、被災地のコンピューターをひたすら歩いて助けに回った会社の同僚が今では私の相方だったりします。毎日毎日、あの高速の横を通って歩いて神戸に向かった相方は今でもあの震災地で見たことすべてを話してはくれません。

普段は話題に乗らない震災の話。なぜかはわからないけどちょっと禁断?なのかな?我が家では。
もうあんな想いはしたくないなぁって無意識に思っているからかもしれません。意外と根深いのかもしれませんね(苦笑)

あの当時に亡くなった方々へ、その後に亡くなった皆様へ。
どうか安らかに眠ってください。
生きている私がどうこう言えるものではないかもしれません。ただ今では震災を経験していない人が増えている事実を友人から言われて、ふっと「私のあの日を文章で残しておこう」と思いました。

すみません。本当にめちゃ独り言でした。
あ、これについては「コメント」とかしないでくださいね(笑)
マジで照れくさいからお願いしますねw
関連記事

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

Secret
(非公開コメント受付不可)

カウンター

 
プロフィール

AST

Author:AST
生息地:関西のIT業界の端っこに潜伏。
主成分:円谷特撮30%、ハムスター20%、人形15%、阪神15%、アニメ&漫画15%、時計5%、普通の人生0%

座右の銘は『”ウルトラ5つの誓い”をいつも心に』。
ハムスターを日々愛でながら特撮、マンガ、アニメ、人形、時計で「ヲタ」の道を突っ走る。阪神タイガースは人生の一部。
M78星雲光の国の「赤と銀の超人=ウルトラマン」シリーズ”愛”。円谷絶賛リスペクト。タロウ、80、メビウス特に応援中。

ブログの傾向:俳優集団D-BOYS&D☆DATEの”五十嵐隼士”君を全力で応援。当ブログで出演情報、TV、映画、舞台、イベント等の感想を更新中。

→この人もっと詳しくはこっち


Twitter
ブログ管理人のつぶやき、なう。
アメーバピグ
[ピグやってます]

カテゴリー
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
リンク
track feed Trackfeed
年別アーカイブ一覧
メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
カレンダー

全記事表示



五十嵐隼士君Profile
IG_icon ★誕生日:1986年8月7日(しし座)
★血液型:O型
★身長/体重:176cm/60kg
★靴のサイズ:27.0cm
★通称:ラッシー、ラシ、IG、隼さん、隼士
★出身地:長野県北佐久郡軽井沢町
★略歴:元若手俳優集団D-BOYSのメンバー、第1回オーデション準グランプリ。2010年~2013年ユニット「D☆DATE」に参加。2013年11月30日をもって芸能界引退。
★代表作:「ウルトラマンメビウス(2006)」「花ざかりの君たちへ-イケメン♂パラダイス-(2007)」「ROOKIES(2008)」「任侠ヘルパー(2009)」「泣かないと決めた日(2010)」「パラダイス・キス(2011)」「聯合艦隊司令長官 山本五十六(2011)」「Answer ~警視庁検証捜査官(2012)」「D×TOWNシリーズ:スパイダーズなう(2012)」「そこをなんとか(2012)」等
★ラジオ:「和田正人と五十嵐隼士のオールナイトニッポン0(ZERO)※2013/03/25終了」「D-RADIO BOYS SUPER featuring D☆DATE」
★元ワタナベエンターテインメント所属
アメブロはこちら
五十嵐隼士君出演情報
D-BOYS(D☆DATE)の五十嵐隼士君の出演情報です。
番組出演、雑誌掲載等々のまとめです。

■□2013/11/19現在■□
※注意※
詳細情報は長くなるので折りたたんでいます。
下記”OPEN”をクリックしてください。↓
日々の未来なScedule
D-BOYS(D☆DATE)の五十嵐隼士君の掲載されている雑誌、出演番組、イベントの週間スケジュールです。通称:イガカレ
D☆DATE 関連情報
[公式ブログ] 旧ブログはこちら
[関連動画]
developed by 遊ぶブログ
クリックで再生します
サムネイル20個まで表示

出演関連商品情報
Amazon内の五十嵐隼士君出演・掲載関連商品情報
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アイドル・芸能
715位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
俳優
60位
アクセスランキングを見る>>

人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
Add to iGoogle
Translation(自動翻訳)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。